スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

刑務所から成功へ

 

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~ [Blu-ray]

 

 

 

なぜ?ソウル・ミュージシャン、

 

ジェームス・ブラウンは

 

子供時代からどん底暮らし、

 

⇒盗み⇒刑務所暮らし から成功していったのか?

 

 

 

 

そもそも、「ジェームス・ブラウンて誰!?(´・ω・`)」

 

っていう認識の方もいらっしゃるかと。。。

 

 

え!?いないの!?。。。

 

 

※私の認識としては

「ゲロッパのおっちゃん」でした。。。

 

 

 

 

音楽に詳しくない私でも

 

マイケルジャクソンも影響を受けたというのが

 

わかります。

 

※あ〜〜〜。マイケルジャクソンて

ここらへん真似してたんかいな。。と。。。

 

 

 

で、ぶっちゃけて言うと天才の話です。

 

 

だから凡人はつい、

 

「天才だからだよ。。。」と思ってしまうかもしれません。

 

 

 

 

まだ、新しい映画なので

 

詳しく内容を述べることは避けますが、

 

それはそうなのですが、

 

 

いくつかポイントがあります。

 

 

 

が!

 

 

 

一番大事なのは

 

そこに、

 

己のソウルがあるかどうか!?

 

なんですね^^

 

 

 

ソウルに響くとひとは動きます。

 

 

音楽に対して突き抜ける程のソウルがあるからこそ、

 

ジェームスブラウンは天才だと思うわけです。。。

 

 

 

 

凡人にもソウルはありますね^^

 

 

しかし、

 

ソウルには休みはないのです!

 

できれば週休2日で。。。とかないんです(笑

 

 

 

ソウル&才能&そのひとの資質で刑務所から

 

助けてもらえたりするわけですね。

 

 

 

で、成功できないのは環境のせいではない。

 

ということがわかるかと。

 

※環境のせいにしたいのはすごくよくわかりますが。。。

 

 

 

で、結局、才能なんでしょう?

 

私には才能がないから、環境がよくないから。。。

 

と思いがちですが、

 

 

ないならないで、それを認め、

 

そこから出発すればいいじゃない?

 

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

■休みがなくてもよいくらい、

 

あるいは

 

休みであっても考えてしまう

 

ものって何でしょう?

 

 

 

 

そこには、自分のソウルがきっとあるはず。

 

 

 

 

それと、ジェームスブラウンは

 

生きるエネルギーが強いひと。

 

という印象を受けました。

 

※死産から生き返ったという話もあるし。

 

 

 

だから、悪い流れになるとそっちへ

 

ダーーーッといってしまうこともある。。。

 

 

 

 

 

ひとりで生きてきた。と言ってはいますが、

 

支えてくれるひとがいたから、

 

エネルギーをうまく使えてたのですね。

 

 

 

 

恩人でもあり、ずっと支えてもらっていた

 

ボビーに対して(仲違いしていた)

 

「素直な気持ち」を

 

歌に乗せるシーンがあります。

 

 

 

そおいうところが”憎めない”部分なのね。。。

 

 

素直になること。ってやっぱり

 

人間関係でも大事だなと。

 

 

 

 

 

ジェームス・ブラウンて

 

音楽やショービジネス家としての天才ではあるけれど

 

それだけではなくてやはり、

 

 

破天荒なところもあり人間っぽく

 

素直なところもあり

 

魅力的なひとだったのだな。

 

 

ということがわかりました^^

 

 

 

 

で、このようなひとって

 

チャンスを待つ。ということをしないんだなと。

 

 

チャンスは自分で掴めるなら

 

さっさと掴む!

 

 

 

そこに遠慮はない。のです^^

 

 

 

そして、

 

ジェームスブラウンは生まれた時から

 

ジェームスブラウンなのです。

 

 

 

何をやっててもどこに誰と居ても

 

ジェームスブラウンだということ。

 

 

 

自分という存在自体がブレていないというか

 

そんな感覚を受けました^^

 

 

 

 

 

この映画を見てさらに言うと、

 

子供時代って周りの環境で決まるけど、

 

大人は自分でチャンスを掴むことが出来るよな〜と。

 

 

 

 

 

最近、子供時代はある程度、守られていて

 

幸せだったよな〜。とふと思ったときがあったのですが、

 

 

大人の今の方がチャンスを掴もうと思えば

 

掴むことができるし、

 

どこへでも行こうと思えば行くことが出来ます。

 

 

それを認識させてくれた映画でもありましたね。^^

 

 

 

 

※ジェームス・ブラウンの曲の歌詞に

 

〜プライドが高い女がいい女〜

 

というような内容を歌ってる場面があり、

 

そこに妙に「私も同感〜」したのでした〜。

 

 

 

ジェームス・ブラウンと思わぬところで

 

同感できたわ〜〜。。。ナンテ^^

 

 

 

 

映画としては”物まね芝居”が少々

 

コントっぽかったような気がしますが。。。

 

それがまた、癖になっちゃうかも。。。^^

 

 

-------------------------------------

■心の鎖(執着)をとって、自分にとって

本当に心地よいものを手にいれましょう!

 

メールアドレスを入力して送信を押すと登録完了です。

 

登録していだいた方のみ読んでいただきたいので

今後、バックナンバーは公開しません。

興味のある方はご登録しておいてくださいね。

↓  ↓  ↓

 

メルマガ購読・解除
占いで人生が変わらない理由
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

今よりいいものが入ってくる!

↓  ↓  ↓

☑私にはひとよりネックになっているものがある。

 

☑やりたいことがあるのに前に進めずにいる。

 

☑いつも自分だけ損をしてる。

 

☑頑張っているのになかなかうまくいかない。

 

☑ひとの成功、幸せを妬んでしまう。

 

☑なぜかお金が貯まらない。

 

☑人間関係がうまくいかない。

 

☑占い、風水、○○コンサル、セミナーを受けても自己啓発本を読んでも

結局、何も変わっていない。

 

☑アメブロ、SNSに疲れた

 

 

 あなたの心の鎖がどこにあるのか?

まずはお気軽にご相談ください。

 

執着を手放しましょう!

 

■ご提供中のメニューはこちら

-------------------------------------

 

 

 

 

ポチありがとう〜♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

お友達申請はお気軽に〜〜

Motoko Asahara

バナーを作成